不思議

先週の火曜日に胡桃が2mほどの高さから落下しました。

ローボードとトイレの間に落ちて顔を打ったみたいで鼻血が・・・慌てて夜間病院へ直行しました。

エコーと身体検査では特に問題がないようだったので、自宅に帰ってしばらく様子を見ることに

帰ってからも翌朝もしっかりごはんを食べたので安心していたのですが、仕事から帰ってきたら動けなくなっていました。

自力では立てず、眼も見開いたままで動かない

この状態で数時間が経ち、もうこのままダメなのかもと感じ始めてからしばらくして、突然ムクッと起きて歩き出し、ごはんまで食べました

といっても器を顔の高さまで上げてあげないと自力では食べることができませんでしたが、その後は少しづつ回復し、カリカリもフツーに食べれるまでになりました。

よろよろとやっと歩いていて足元がおぼつかなかったのにしっかり歩けています。

先週から飲み始めたサプリ フィトケアK60が胡桃には効いているのかも

 

困惑…

年末の血液検査で腎臓病が発覚した胡桃ですが、年明けには食欲も戻って調子も良くなっていたのに、このところまた食べてくれなくなりました。

今日、病院で検査をしたら貧血が進んでいてかなり低い数値に…

前回検査では50%以上あったのになんと16.6%まで下がってしまっていました。

今まで腎臓病になったコたちもここまで急激に悪くなったことはなく、かなり衝撃的でした

造血ホルモン剤を注射してもらって、1週間後にまた再検査です

ぐるぐる

先日、北斗が旋回行動をしました。
実は2回目。
2か月ほど前にも一度同じようなことがあり、急にどうしたの?
もしかして脳疾患かと不安になりましたが、すぐに治まったので気にしていませんでした。
 
でも2度目を見たとき、北斗の顔をみたらなんとなく目の焦点があっていなくて、ちょうど翌日小次郎の血液検査で病院に行くし、動画を撮って先生に見てもらおうとスマホで撮影開始・・・しかしすぐに治まってしまいました。
でもこれを見てもらったら、やっぱり脳腫瘍の疑いはあると言われてしまった。
検査にはMRIしかないようで・・・
しかし問題は北斗の年齢 9月には13歳になります。
MRIには全身麻酔が必要なので高齢猫にはハードルが高い。
先生には先々どうするかによって、対処方法が変わるのでよく考えてくださいと言われてしまった。

1年ほど前、ご飯を食べてもすぐ戻すを繰り返していて膵炎の検査でひっかかり、内視鏡検査をし、しばらく食道チューブでごはんを食べていたこともあってかなり痩せてしまったけれど、今ではごはんもよく食べ体重もほぼ戻ってとても元気なのに・・・
どうするべきか思案中です。

お誕生日♪


今日は雷蔵のお誕生日♪
生きていたら16歳
長い間、病気と闘って2年ほど前に召されてしまいました。

雷蔵はバーマンというあまり見かけない種類のにゃんこです。
当時、猫の図鑑を見て一目ぼれし、ブリーダーさんを探して巡り会ったこです。

 

我が家にきたばかりの頃
図鑑で見た風貌とはかけ離れていて、本当にあんなふうになるのかなぁと



性格はとても頑固で物静か。
でも意外と気は強かったみたい
人見知りがひどく、来客時はぜったいに出てこない
あまりベタベタしないけど、ほかの子の姿が見えないと抱っこをせがんだりするようなこでした。

 


ご飯が食べられなくなって、1年くらい胃瘻チューブでお食事をしていました。
この頃はもう立てなくなっていて、大好きなロフトのラウンジで外を眺めた最後だったかなぁ

 

難しい・・・

ただいま悪戦苦闘中

新入りが増えたのをきっかけに10数年前に作成し、10年以上ほったらかしていたサイトを作り直そうと思い立ったのが数か月前のこと。

過去に作成してたのでサクッとできるかと思いきや、さすがに時代は進んでいて、今やWEBもスマホで見る方が断然多く、ちょっと調べてみたらレスポンシブ??だとか耳慣れない言葉が出てきたり、かなりの浦島太郎状態。

簡単に出来るものはないかと探しているうちに、WordPressというものがあることを知り、よし!これだ!と始めてみたもののチンプンカンプンで全く進まず、そのまま数か月放置となりました。

最近また、やる気を出して少しづつ頑張っています。